素敵なゲスト#20(完) ご縁、ご恩の受け渡し

●オーストラリアから来たアナン(2018/8)は初めて海外からお迎えしたゲストでした。 私たちが住んでいた大阪に息子さん、日本人のお嫁さんとお孫さんが住んでいるということで何か近しい感じを持っていたのですが、一緒に山登りをした夜に彼のFacebookにアクセスすると友人の中に私の中学時代からの友人O君の名前がありました。聞けば息子さん…
コメント:0

続きを読むread more

素敵なゲスト#19 交流

●オーストリアから来たユリアン(2018/8)は札幌から乗ってきたママチャリを譲ってくれて我が家では買い物用に使わせてもらっています。 彼は日本語を勉強していて日本の料理も好きなので後日、家にあった外国人向けの漢字学習本とカレールーを送らせてもらいました。 彼からは年末に素敵なクリスマスカードと地元ウィーンの100%カカオチョコレー…
コメント:0

続きを読むread more

鹿部川

鹿部町の郵便局横を流れる鹿部川は小さな川なのでサケの遡上を間近で見られます。 上流は鹿部公園になっていて水遊びや芝生での休憩ができる気持ちのよい公園です。
コメント:0

続きを読むread more

素敵なゲスト#18 水無海浜温泉

ドイツから来たゲーリー(2019/9)は登山や自然が好きな青年。恵山登山がご希望でお連れしましたが、麓にある海中の温泉「水無海浜温泉」へも行きたいということで浴槽が海中から出てくる満潮と干潮の間の時間を調べて登山前に向かいました。 4つある浴槽のうち2つがちょうどよい油量になっていて最初は足湯を楽しんでいましたが盛り上がり、先客で…
コメント:0

続きを読むread more

素敵なゲスト#17 親子

お客さん達は一人、友人同士、カップルで泊ってくださいますが、何組かは親子で泊ってくださいました。 ●アメリカから来たアルベルトとフランコ(2018/12)は貫禄ある親父に末っ子が孝行旅行している姿が微笑ましかったです。 ●中国から来たシャオフェンとユンイ(2019/1)は若々しいお母さんと娘さんで姉妹のようでした。 …
コメント:0

続きを読むread more

素敵なゲスト#16 珈琲職人

神奈川県の正行さん明美さん(2019/9)は少し年上のご夫婦でオホーツク海側でキャンプ、テニス、渓流釣りなどをしてこられた活動的なお二人。 翌日のフェリーが早い時間なので我が家に泊ってフェリーターミナルへ向かうということで、夕方に車で到着されました。ご挨拶し、お部屋にご案内する前にいろいろと話しが弾んでしまったとても気さくなお二人…
コメント:0

続きを読むread more

水無海浜温泉

恵山の端、椴法華にある水無海浜温泉は干潮と満潮の間の数時間しか入れない海岸に湯槽がある温泉です。 訪れたこの時間、4つの浴槽のうち海側の2つは既に水没していました。 干潮から満潮へ向かう時間帯で温泉に混ざっている海水の割合も少なく、温度も良くいいお湯でした。
コメント:0

続きを読むread more

素敵なゲスト#15 みんなネコ好き

我が家には14歳の姉妹の老ネコが2匹います。 ゲストの人たちはヨーロッパ、アメリカ、アジア、日本といろいろな国からやってきますが、「ネコを飼っている」「飼っていた」「ネコが好き」と多くの人がうちのネコたちを可愛がってくださいました。 1匹は動ぜずリビングにいてお相手していました、もう1匹は2階の自分の部屋へ逃げていたので…
コメント:0

続きを読むread more

素敵なゲスト#14 DOGゲスト

●クリスとティリンとモザート(20199/12)はワシントンから成田空港、新幹線に乗り継ぎの長い旅を終え最終23時30分着に新函館北斗駅に到着しました。駅から近い宿ということで問合せいただき初めてワンちゃんのゲストとしてモザートをお迎えしました。 モザートはウィンタースポーツ好きなお二人とヨーロッパなどにも行き旅には慣れている様子でし…
コメント:0

続きを読むread more

素敵なゲスト#13 リビングルーム

民泊「豊稜」は2階の洋室と和室の2部屋ですが、キッチン・ダイニング・リビングルームも自由に使っていただいています。 食事に、歓談に、出発前の待機にリラックスして使っていただけているようです。(我が家のネコもおじゃましています) ちがうグループのゲスト同士でも歓談されていまし…
コメント:0

続きを読むread more

素敵なゲスト#12 温泉

日本文化のひとつ温泉。ゲストの中には登別温泉が旅行コースになっていた人も何人かいました。 函館地方も湯の川温泉をはじめ各町に温泉があり500円足らずで入れる温泉銭湯もたくさんあります。 ●タイ人の留学生パタラキット(2018/9)は大学の地元東北のいろいろな温泉にも入っていて温泉大好き。 2泊のうち2日目は我が家から車で10分…
コメント:0

続きを読むread more

素敵なゲスト#11 日本文化

外国から来たゲストは嫁さんが英語でコミュニケーションを取っていますが日本語を話される方もこられます。 若いゲストは留学や仕事の為に学校で勉強した人や、ドラマ、アニメ、ゲームで日本に興味を持ちそれらで勉強して片言の日本語を話せる人もいました。日本の文化に興味を持たれ、各地でいろいろ体験されるゲストもおられました。 ●中国から来た王…
コメント:0

続きを読むread more

素敵なゲスト#10 いっしょに自然体験

ゲストのご希望で昼夜の函館山、大沼公園へはよく車でお連れしますが、ごいっしょに登山などの自然体験もさせてもらいました。 ●オーストラリアから来たアナン(2018/8)は北海道への旅程で青森の岩木山などにも登った同年代の山好き。 駒ヶ岳に登りたいとの希望だったので車で登山口までお連れし、それまで山の姿は眺めていましたが良い機会なの…
コメント:0

続きを読むread more

素敵なゲスト#9 自炊

我が家で料理をふるまってくれたゲストの他に2組がキッチンで夕食を調理して自炊されました。 ●マレーシアから来たアイシャとナディーラ(2018/10)はモスリムなので食材、調味料、ピンクのかわいい炊飯器も持参してへジャブ姿で手際よく夕食を調理していました。 というのもナディーラはデリバリー用食堂のシェフ。でも、なぜかご飯は少し柔ら…
コメント:0

続きを読むread more

素敵なゲスト#8 食事会

●中国から来た鄭さんと王さんのカップル(2018/9)は午後函館駅までお迎えに行くと早々に「夕食は餃子を作っていっしょに食べましょう」(日本語が堪能な方)と提案してくださいました。 途中スーパーでミンチやキャベツを仕入れて帰宅、奥さんの王さんから嫁さんへ直伝で小麦粉を練って餃子の皮作りからスタートし、茹で餃子とその水分を飛ばしてから焼…
コメント:0

続きを読むread more

素敵なゲスト#7 城岱牧場・きじひき高原

●我が家の北東に位置する山を登って行く道は城岱スカイラインという眺めのよい道で、20分ほど走ると牛が放牧されている城岱牧場に至ります。 その展望台からは函館平野、新幹線の高架、函館山、津軽海峡、遠く青森を見渡せる絶景です。 峠越えでゲストを大沼公園へお連れしたり、景色を見てもらってから駅や函館市内へお送りもします。 …
コメント:0

続きを読むread more

素敵なゲスト#6 大沼公園

●道南の観光地大沼国定公園は我が家から車か普通列車なら20分余、特急では10分余の所にあります。 1泊のゲストは函館市内の観光だけになってしまいますが、翌日午前中の出発まで時間があれば1時間ほどで観光できるので車でお連れしています。 中国人の友人ジンウェンとチェン(2019/1)は列車の出発前に大沼公園と少し離れた所にあ…
コメント:0

続きを読むread more

素敵なゲスト#5 函館ごはん

●私たち日本人(私?)は旅行などの移動中にはお弁当やコンビニの食品を買って決まった時間に食事をする傾向があるように思いますが、我が家のゲストはJRでもレンタカーでも、お昼をだいぶ過ぎた時刻や夜遅くに函館入りしても「まだ食事はしていません」という人が結構おられます。 我が家の近所には名物のお店はないので、函館市内へ出てお店で晩ごはん、朝…
コメント:0

続きを読むread more

素敵なゲスト#4 函館山

●函館観光の定番函館山の夜景。山頂展望台へのアクセスはロープウェイ、バス、40分程の徒歩登山がありますが、往復1280円とロープウェイは結構高いのでゲストにはバスを紹介しています。 寒い季節にはロープウェイ駅まで車で送ったり、22時以降は17時から禁止だった一般車両も登山道路に乗り入れ可能になるので夜遅くに函館入りしたゲストは展望台に…
コメント:0

続きを読むread more

素敵なゲスト#3 サイクリスト達

●函館入りするゲストは本州からは新幹線、道内からはJRを利用する人やレンタカー、飛行機、ライダーと様々。 オーストラリア人のユリアン(2018/8)は日本中を旅する中で札幌から函館への移動手段に自転車を選んだ青年。 札幌で知り合った自転車屋さんにギアチェンジ無しのママチャリを譲ってもらい、国道5号線約280kmのうち265kmを…
コメント:0

続きを読むread more