新函館北斗駅 「ほっとマルシェおがーる」

新幹線開業のイベントは昨日で終わり、静かになった新函館北斗駅に行ってきました。 駅舎1Fにある「ほっとマルシェおがーる」というショップでは南北海道の特産品を集めていて、地元密着の産品がいろいろと手に入ります。 北斗市観光交流センター 駅舎横の立体駐車場から新幹線車両がよく見えますよ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こどもの国

函館山山麓にある函館公園の一角に「こどもの国」という小さな遊園地があります。 レトロな遊具がいくつかあり、小さい子どもさんは楽しめそうです。 隣接して市立の小さな動物園もあるので暖かくなると家族連れで賑わいます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪解け

今年は平年より早く3月中旬に街中の雪が解けました。 雪解けとともに地中から出てくるのがフキノトウとフクジュソウで、1週間もすると緑のかわいい姿と黄色い元気をもらえる花が見られるようになり春を実感します。 函館山の山頂近くのハイキングコース薬師山コースにフクジュソウの群生地があるのですが、ここは雪解けが少し遅いので花は3月下旬から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

函館市津波ハザードマップ

3.11で津波の被害もあった函館のベイエリア。 観光シーズンを前に、函館駅から金森倉庫群への途中にある観光案内の看板下に新たに函館市津波ハザードマップの看板が設置されていました。 金森倉庫の店舗入口横には津波が到達した高さのプレートも設置されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新函館北斗駅 新幹線開業前

3月10日、新函館北斗駅に行ってきました。 新幹線エリアは入れませんが在来線は運用されているので駅舎に入って見てきました。 いよいよ開業まで2週間余り。 正面から入ってすぐのエスカレーター2Fが新幹線改札です。 在来線連絡路、ホームもきれいになりました。 16、7年前の渡島大野駅ホーム。背景の景色は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線車両基地の町 七飯町

北斗市にある北海道新幹線の新函館北斗駅は七飯町との境に近く、駅からは大沼公園や町内施設へのアクセスも容易です。 七飯町内には新幹線車両基地があります。 北海道新幹線新函館北斗駅周辺「七飯町マップ」(PDF)  https://www.town.nanae.hokkaido.jp/…/000…/20160303152720.pd…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山川牧場ミルクプラント リニューアル

おいしい牛乳、ソフトクリームで有名な大沼公園近くの山川牧場の販売部門が新しい建物になり3月5日にリニューアルオープンしました。 初日夕方に偵察に行きましたが、お客さんの列が外まで並んでいたので表から写真を撮って退散、 立派な建物になっていて中も広くなっています。しばらくしたらまた行ってみます。 以前の建家があった場所からは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロングドライブ 東へ

国道5号線を函館から北上、長万部町の分岐点で37号線で東へ走ると昭和新山、有珠山、洞爺湖といった雄大な自然を目にすることができます。 洞爺湖、有珠山ジオパークではさまざまな火山活動について知ることができます。 http://www.toya-usu-geopark.org/?page_id=20 さらに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロングドライブ 北へ

函館から国道5号線を北へ噴火湾沿いに走ると、噴火湾パノラマパークがあります。 ここからの景色と料理やスイーツを楽しめるレストラン、ハーベスタ八雲はドライブの楽しみです。 八雲町を抜け長万部町の国道の分岐点からさらに北へ走ると羊蹄山や田園風景を楽しむことのできるドライブコースです。 京極町の湧水、ふきだし公園も楽しいポイント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松前半島の旅

北海道の南端の渡島半島。ふたまたになっている西側が松前半島です。 函館から津軽海峡沿いの国道を西に走るとまず津軽海峡に突き出た太平洋セメントの長い桟橋が見えます。 渡島当別駅から山側に入るとトラピスト修道院があります。 木古内町には咸臨丸最期の地、サラキ岬やトンネルの上にある展望台から新幹線正面を見られるビュー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七飯散歩コース 西洋農業発祥の地

七飯町の農業は箱館開港期の食糧供給に始まり、プロシア人ガルトネル、明治政府官営の農場(官園)により発達してきました。 リンゴ栽培や西洋農業発祥の地と言われています。 http://www.town.nanae.hokkaido.jp/hotnews/detail/00000327.html 七重小学校の建っている場所が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亀田半島の旅 灯台&駒ケ岳

亀田半島の旅では3つの灯台と形が変化する駒ケ岳の姿を見ることもできます。 津軽海峡に面した汐首岬灯台 亀田半島の東端、恵山岬灯台 森町砂原まで足を伸ばすと砂崎海岸にあるまさに砂浜に建っている砂崎灯台があります。 駒ケ岳は函館側から見る剣が峰の尖った優雅な形でなく、南茅部、鹿部町、森町からは荒々しい稜線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亀田半島の旅

北海道の南端の渡島半島。ふたまたになっている東側が亀田半島と称されます。 函館から津軽海峡、海沿いにぐるりと回って鹿部町から七飯町、函館へ戻るドライブが楽しめます。 まずは津軽海峡に出ると下北半島と亀田半島の東端恵山方面が見えます。 函館空港の南側には室町時代からあったという和人の拠点、志苔館跡が残っています。 ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七飯散歩コース

七飯町は大別すると大沼方面と函館平野に面した山の傾斜面に分かれています。 大沼公園や大沼の周回道路は散歩コースとして最高です。 七飯市街地のエリアも、国道5号線の赤松並木、平野部の田畑に囲まれた農道、斜面の中間部の果樹園や畑の間の農道、眺望の良い函館新道の側道とそれぞれの景色を楽しみながら散歩ができて楽しいです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大沼公園と駒ケ岳

大沼公園は新幹線駅から車で20分ほど、函館市内からでも40分ほどで着きます。 市内からだと七飯町の城岱スカイラインを通れば峠で秀峰駒ケ岳の姿を正面に、函館平野を眼下に見て向かうことができます。 季節、天候によっては大沼方面から流れ出す霧の雲海も目にすることができます。 JR大沼公園駅近くが大沼公園観光の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

函館周辺 幕末の歴史

函館から足を伸ばすと箱館戦争の足跡をたどることができます。 旧幕府軍が上陸した森町の鷲ノ木 新政府軍が上陸した乙部町 北斗市の二股口古戦場跡 七飯町の峠下台場山 【参考】 開陽丸終焉の地 江差 【参考】 咸臨丸終焉の地 木古内町キサラ岬 【参考】
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more