素敵なゲスト#20(完) ご縁、ご恩の受け渡し

●オーストラリアから来たアナン(2018/8)は初めて海外からお迎えしたゲストでした。
私たちが住んでいた大阪に息子さん、日本人のお嫁さんとお孫さんが住んでいるということで何か近しい感じを持っていたのですが、一緒に山登りをした夜に彼のFacebookにアクセスすると友人の中に私の中学時代からの友人O君の名前がありました。聞けば息子さん家族ともに懇意にしている仲だそうです。
O君はオーストラリアとの交流活動などを通じ顔が広くオーストラリアの友人がたくさんいるので不思議ではないのですが、民泊を始めて最初の外国人ゲストが彼の友人というのにご縁を感じてしまいました。
思い返せば20数年前に頼まれて大阪で初めて外国人を家に泊めてあげたのは、彼の知り合いのオーストラリア人の女性でしたし、数年後に家族でニュージーランド旅行に行った時にホームステイさせてもらい、いろいろなアクティビティーに連れて行ってもらったのも彼の友人のお宅でした。
今、宿泊という形での外国人との交流の原体験みたいなのがO君の友人とのご縁だったというのも不思議な感じがします。

72998095_2499092930173078_6966371528875180032_n.jpg

●我が家では子ども達が独立し部屋が空いているので以前から将来友人達がリタイアしたら泊りに来て北海道を楽しんでもらえたらいいなというイメージがありました。
昨年いわゆる「民泊法」ができて一般住宅で届出により宿泊業務ができるようになってお小遣い程度でも稼げたらという思いから民泊を始めたのですが、やはりゲストに函館周辺の良い所を見て体験してもらいたいなという思いがあります。
貴重な時間を有効に使って観光できるようにかつて旅行者だった視点で函館近辺を紹介したり可能なかぎり移動のお手伝いもさせてもらっています。

民泊での英語のコミュニケーションは奥さんの担当です。若い頃に語学研修で行ったイギリスではホームステイ先のお母さんに大変お世話になったそうですが、遠いのでまた会いに行くというのもなかなかできないでいます。
ニュージーランドのホームステイ先のご夫婦にもとてもお世話になりましたが早20年が過ぎてしまいました。
ご恩に対してのお礼を伝えきれないことへの罪滅ぼしではないですが、ご恩返しのつもりも含めて泊ってもらったゲストへはお礼の気持ちを持ってお世話できたらなと思っています。

NZ.jpg

●2シーズンでたくさんの素敵なゲストにお泊りいただきました。冬期は民泊お休みさせていただきます。
来シーズンまた素敵なゲストがお越しになればこのブログで紹介させてもらいますのでよろしくお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント