素敵なゲスト#5 函館ごはん

●私たち日本人(私?)は旅行などの移動中にはお弁当やコンビニの食品を買って決まった時間に食事をする傾向があるように思いますが、我が家のゲストはJRでもレンタカーでも、お昼をだいぶ過ぎた時刻や夜遅くに函館入りしても「まだ食事はしていません」という人が結構おられます。
我が家の近所には名物のお店はないので、函館市内へ出てお店で晩ごはん、朝ごはんは朝市の海鮮ものというのが定番となっています。

●お腹がすき過ぎた若者はいくつか支店のある地元ハンバーガーショップ「ラッキーピエロ」のうち近所にある峠下本店にお連れしています。

フィリピン人とインドネシア人の友人同士、ケビンとジー(2018/9)は店の派手な内装や大きなハンバーガーを喜んで盛んに写真を撮っていました。

1.jpg

香港から来たチハンとカマン(2018/11)はハンバーガーそっちのけで冬のいるイルミネーションが点灯されている店の前庭で記念撮影をしていました。

46519128_1937768429638867_4398958397085450240_n.jpg

46666559_1937980306284346_2385433009521164288_n.jpg

フランス人のオレル(2019/8)はフェリーターミナルに着いたので函館市内のマリーナ末広店にお連れしましたが、プレートセットのハンバーガーを頼んだのでさすが欧米人というナイフとフォークの手さばきでお腹を満たしていました。

70143252_2390289174386788_803880249879166976_n.jpg

●函館市内のお店にもお連れしています。

アメリカから来たブレット(2019/7)はJR函館駅近くにある大門横丁という屋台村にお連れしましたが、いろいろな店をお客さんに教えてもらいながら何軒かはしごしたということでした。

62360539_2250385951710445_668761364726022144_n.jpg

韓国から来たユアン(2018/10)は日本語もできる女性で、行きたいところを調べて夕食に大門横丁でビールとイカ料理などを楽しみました。
翌日は帰路の飛行機内で食べたいということで、やはり調べた函館名物のヤキトリ弁当を買う為に地元コンビニのハセガワストアへお連れしました。ヤキトリと言っても豚精肉の串刺しなのですが、この日ブタの材料がまだ入荷しておらず残念ながら本当の焼鳥弁当を買われました。

2.jpg

韓国から来た青年ジュンヨンとウォンタク(2019/7)は翌日のお昼に函館の老舗精肉店経営のすき焼き店「阿佐利」へ行きたいということだったのでお二人に変わって電話予約させてもらいました。

アメリカから夜遅めに着いた同世代のザック(2019/5)は寿司が食べたいということだったので、おいしくてリーズナブルな函館の名物回転寿司「函太郎」へお連れし満足してもらいました。

61526421_2223609097721464_5964042757465964544_n.jpg

●最後の手段はご近所

ベルギーから来た女性サラとローラ(2019/6)はなんと阿寒からレンタカーを走らせて函館入り、シャワーを浴びて休憩した後、歩いて行けるお店ということで徒歩5分のところにあるネパールカレーの「ヒマラヤダイニング」に行かれました。
長い時間過ごされてお話もはずんだようで、ナンでお腹いっぱいになったと満足されていました。

65373677_367133320609605_7785954187778457600_n.jpg

イギリス人カップルのクリスとジョシー(2019/7)は恵山の登山の後、路線バスとJRで夜我が家に到着。やはり休憩して「ヒマラヤダイニング」晩ごはんをとられ満足していました。

66255256_2290227864392920_1013720742665125888_n.jpg

カナダ人とインドネシア人の友人同士アンディとミゲル(2019/5)は腹ぺこで到着したので「ラッキーピエロ」へお連れしようと思いましたが店の前に来るとゴールデンウィークで店の外まで長蛇の列でした。
仕方なく近所のコンビニで仕入れて我が家での昼食になりましたが、コンビニの丼弁当をおいしそうに食べていました。

60717146_2199070150175359_5722585713334026240_n.jpg

地元のお店で少しでも消費してもらえたらいいかな。近くのお店とコンビニも函館ごはん処です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント